北京モーターショーの様子です。

中国のモーターショーで、特に北京と上海は、規模的に東京モーターショーを超えており、アジア最大か世界最大のスケールとなっていますね。

今回のは2012年のもので、まだ、当局による規制が少なかった時代のものです。

規制というのは女性コンパニオンの過剰な露出に制限がつき、そのあと、男性コンパニオンを取り入れるなど、苦肉の策を中国進出している自動車メーカーは取らざるを得なくなります。

ヨーロッパ系の特にハイブランドメーカーは、女性コンパニオンの美しさを全面に出した演出となっていますね。本当は車両がメインなのですが、それでもショーとしては完成度は高いです。東京モーターショー並じゃないでしょうか。

こちらはハイブリッドではありませんが、フランスのシトロエン。中国の道路上では割と見かけるメーカーです。少なくとも日本よりは良く街中を走っています。砂埃で汚れた車体が多く、型式も古そうなデザインですが。

こちらも欧州イタリアのフィアットです。日本では販売されていないセダンの車両です。おしゃれなイメージのあるフィアットですが、なんだか中国の車種は、ちょっと野暮ったく見えてしまいます。コストダウンされているのでしょうか。

コンパニオンモデルは中国人のようですね。まだ上品さと美しさを保っています。

かつて中国でシェアを大きく占めた韓国ヒュンダイです。隣国ということもあり、もしかするとコンパニオンも自国から連れてきているかもしれません。衣装はチャイナドレス風ですが、やや先進的な感じがします。市場に合わせて作ったのかもしれません。

日本ではまず見ることが少ないヒュンダイ車ですが、中国ではシェアを落としたとは言え、まだまだブランド力は強い。安くて、そこそこかっこいい、自国ブランドよりは信頼性もあり、中国では選択肢となりうるのでしょう。

こちらも韓国のKIA。顔立ちやメイクの感じからして、女性コンパニオンは韓国人の可能性が高く感じられます。庶民向けの小さなクルマですね。中国ではなるべく大きなクルマに乗る傾向がありますが、それでも経済的余裕のない庶民はこのサイズのクルマをボロボロになるまで、いやボロボロでも乗り続けます。

こちらも韓国人ぽいコンパニオンです。それにしてもこのミニバンタイプの車種は、華がないですね。完全にクルマよりコンパニオンが目立ってしまっています。

こちらは日本メーカー、光岡自動車です。コンパニオンは恐らく現地人ではないでしょうか。日本からの派遣すると、日当だけでなく、交通費、宿泊費が相当つきます。車体に気安くもたれ掛かるのも、日本人コンパニオンではあまりやらない演出です。

北京でのコンパニオン事情

なぜ中国のモーターショーは華やかなのか

中国でもコンパニオンを牽制する動きも

モーターショーの入場者数に陰りが

中国で人気の自動車メーカー

北京モーターショーで人気のブランド

トヨタは北京モーターショーで人気があったか

日産は中国でよく売れている

ホンダも中国で現地生産している

マツダは中国専用モデルを投入

大きなクルマが売れるのでダイハツは中国で苦戦

スズキの低価格車が中国で販売されている

スバルは中国よりもアメリカでの人気が高い

レクサスは中国でのブランドイメージを向上

BMWは中国でも大人気

BMWは最新設備の中国工場で生産

中国で一番人気があるのはドイツ車

中国の富裕層は、ドイツ車を目指す

アウディの中国販売戦略

フランス系メーカーも人気が高い

プジョーは中国で比較的売れている

シトロエンも販売が好調

ルノーは古いモデルが今でも走っている

中国はデザイン模倣の現地生産車が注目

地元ブランドの車種は価格が安い

電気自動車へのシフトで最も得をするのは中国メーカー

中国製エンジンはまだまだ未熟

簡単な技術で電気自動車が生産される

中国は電動スクーター先進国

中国経済は停滞しても自動車需要は落ち込まず

北京モーターショーと上海でコンパニオンのち外

中国政府は自動車ショーの女性コンパニオンを規制

北京モーターショーのチケットの買い方

北京モーターショーまでの地下鉄が充実

地下鉄新線で北京モーターショーへのアクセスが向上

北京中心部から遠い、国際展示場

TANTO

VOXY

WAGON R

AQUA

HUTLER

FREED

X-TRAIL

N-BOX

FORESTER

SUBARU XV